【ショートカットキー】絶対覚えるものと、覚えて損はないもの

知識・体験談

今やパソコン社会となったので、職場でもパソコンを使用する機会はとても多いですよね。

年配の方が苦手そうにパソコンを使っている姿もよく見かけます。

パソコンは打てたら良いと思っている人も居るかもしれませんが、そうではありません。

もし仕事でパソコンを使うのであれば、パソコンを使用する速度=仕事の速さに直結していきます。

文書や資料作成の速度が変わってきますからね。

今回は、パソコンを使用する際に便利なショートカットキーをいくつか紹介していきたいと思います。

簡単なものからやや難しいものもありますが、これを覚えるだけでパソコンでの業務速度が極端に変わると思います。

絶対覚えるべき[5つ]のショートカットキー

この5つだけは絶対に覚えてください!

Ctrl + C(コピー)

選択したもの(文章、画像、表など)をコピーします。

「Ctrl + V(貼り付け)」とセットで使用します。

似たような文章や表を作りたい時によく使います。

Ctrl + V(貼り付け)

「Ctrl + C」でコピーしたものを貼り付けします。

Ctrl + X(切り取り)

「Ctrl + C」と似ていますが、コピー元のデータを残しておく必要がない時にはこちらを使います。

Ctrl + Z(一つ前に戻る)

間違った時には、このショートカットキーで前に戻れます。

後に紹介する、Ctrl + Z(一つ先に進む)で瞬時に元通りにすることも可能です。

Ctrl + S(上書き保存)

ExcelやWordなどの文書ソフトでは必須となるショートカットキーです。

パソコンを使用している時は基本両手はキーボード上にあるはずなので、わざわざマウスを持ちかえて左上の上書き保存ボタンを押すのは非常に手間になるんですよね。

そして、文書作成時は頻繁に上書き保存しておくことがコツになります。

そのため、必須のショートカットキーになるわけですね。

覚えておくと楽なショートカットキー

Ctrl + Y(一つ先に進む)

「Ctrl + Z」で一つ前に戻ってみたものの、やっぱり戻さなくて良いやとなった場合に使用します。

キーの位置的にやや使いにくいものとなっていますが、機能的には凄く便利です。

Ctrl + A(全選択)

全てのデータを選択することができます。

ExcelやWordのデータをまとめてコピー、または削除したい時などに便利ですね。

少々コツのいるショートカットキー

Alt + Tab(アプリケーションの切り替え)

Excelの画面からWordの画面に切り替えたい時など、瞬時に切り替えることができます。

マウスを使用しなくても良いので、便利です。

これに慣れたら、職場でネットサーフィンをしていてもバレません(悪い人)

まとめ

  • 最低限、4つのショートカットキーは覚えよう
  • ショートカットキーに慣れることで、パソコンの使用速度は大幅に向上する

最後まで御覧頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました