【ストレス発散法】家でも出来るおススメ5選

知識・体験談

以前ストレス耐性を高める考え方についての記事を書きましたが、ストレスが溜まってしまった場合の発散法は薄めにしか書いていませんでした。

今回は、実際にストレスが溜まってしまった場合の発散法について、家でも出来てかつシンプルなもの中心に挙げていこうと思います。

ストレス発散法5選

愚痴を大声で叫ぶ

ストレスを発散する上で、大声で叫ぶことはとても効果的です。

さらに、叫ぶだけではなく愚痴も吐き出しましょう。

愚痴の内容は、事前に考えておくと良いです。

ただ、自宅で行う場合は口を手で覆うなどして近所迷惑にならないようにしましょう。

自宅カラオケ

今の時代は、自宅でもカラオケが出来ます。

マイクをスマホやテレビに繋いで、イヤホンも繋ぐとある程度の防音にもなります。

思いっきり歌うと近所迷惑になりかねませんが、防音用マイクもネットで売っていたりもしますね。

大声を出すことにも繋がりますし、カラオケ好きにはおススメです。

趣味に没頭する

何かに没頭することは、嫌なことを忘れることに繋がります。

嫌なこと=ストレスに直結するため、嫌なことを忘れることはストレス発散に繋がっていきます。

なので、一つでも良いので没頭できる趣味を見つけましょう。

美味しい物を食べる

人間の三大欲求とも言えるもので、食べることは嫌いという人は少ないでしょう。

美味しい物を食べるだけでも幸せになれますよね。

幸せホルモンはストレス軽減に繋がると言われているので、食べること以外にも寝る、恋人と過ごすなど、幸せを感じることがストレス発散に繋がります。

ストレスの原因となってそうな事象を紙に書きだす

これは一種の精神療法ですが、現在自分がストレスの原因になってそうなことを紙に書きだします。

すると、実はストレスに感じていないものや大きくストレスに感じていることが目に見えて分かります。

実は、目に見えてやっと分かることも多いので、思わぬことに気付くことがあります。

これをすることで、大きくストレスを感じているものの改善策や対処法が浮かぶかもしれません。

改善策や対処法が思い浮かばない場合は、身近な人に聞くのも良いですね。

まとめ

  • ストレス発散において、大声を出すことは有効
  • 自分が何に対してストレスを受けやすいのか知ることも重要

最後まで御覧頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました